ホーム > カテゴリー - サムイ島交通事情について

ソンテウ

サムイ島内を移動するときは、通常ソンテウを使うと便利である。島内を1周するメインの通っているので、各主要なビーチへ行くにはとても便利です。ソンテウを見かけたら手を挙げて停めて乗り込みます。降りたい場所に到着したら天井に付いているボタンを押せば止まってくれます。もし場所が分からない場合は運転手にあらかじめ行き先やマップなどを見せておくと、到着時に教えてくれるので便利ですね。タクシー、ミニバスとも呼ばれ一応料金も決まっているが、8時~18時以外の時間は割り増しになる場合もある。観光客は非常に高く要求される場合があるので、事前に交渉する必要がある。昼間は20B~30Bで行ける場所も深夜などは200B前後になる場合もある。

● ナトン・タウンからの料金(昼間)目安
チャウエン・ビーチ   50B
ラマイ・ビーチ  40B~50B
メナム・ビーチ  30B~40B
ボプットビーチ      40B
ビック・ブッタ・ビーチ  50B

夜間は割り増し料金でプラス50B~150B前後

>>>サムイ島、タオ島、パンガン島を最安値で予約&詳しいホテル詳細はこちから

    
スポンサーサイト

サムイ島の交通事情

【サムイ国際空港からホテルへ】

リムジンバスがあり、空港のカウンターでリムジンバスチケット30B~150Bを購入して利用します。
各ビーチ、ホテルを回りながらおろして行きます。高級ホテル、リゾートバンガローに宿泊者なら無料送迎がありますね。

【タクシー】

少しづつ導入されていますが、まだまだ台数は少ないですね。メータータクシーもありますが、実際にはメーターを使用する運転手は少なく、行き先を言ってから乗車し、値段交渉をするのが一般的。
チャウエン~ナトンまでで300B~400Bなら交渉は大成功ですね。

【ソンテオ】

乗り物の中で一番ローカルで安い。
おもな起点、終点、経由地はナトン、ラマイ、チャウエン、北回りがナトン~メナム~ボプット~チャウエン~ラマイ~。南回りはナトンとラマイを往復するが利用者地元タイ人が多く、観光客は少ないです。
また島内1周型、ラマイ~チャウエンなどの2区間往復型もあります。行き先や区間は車体の前や横に付いているボートで確認をして、再度聞くのが必要です。

【レンタカー&レンタルバイク】

レンタカーはおもにジープが多いです。
借りる前にキズがないか?どうか?チェックする事。返す時にトラブルになるパターンが多い。
ホテルや旅行会社でもレンタルしている場合があるので、そこで借りるのが良いですね。バイクはタイの法律で義務づけられているので、忘れずに借りるようする事。1日保険付きで車が800B~、バイクは300B~、1日単位で借りるより、1週間、1ヶ月単位で借りるほうが安くなります。


>>>サムイ島のホテル詳細&お問い合わせ、ご予約はこちらから
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がサムイ、タオ、パンガー島のオススメホテル、レストラン、観光情報をお届け中♪

航空券・ホテル・ツアー予約
↓↓24時間受付・格安航空券


↓↓世界最大・ホテル予約


↓↓24時間航空券予約


↓↓マル得!海外旅行


↓↓格安航空券・24時間予約


↓↓旅の総合サイト!


↓↓ホテルのディスカウント予約


↓↓ホテルの直前予約


↓↓海外旅行の支援サイト


最新コメント